新婚パパの初めてのマンション購入-段取り&体験記-

にほんブログ村 住まいブログへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


>> 気になる住宅ランキング!!

>>新婚パパの初めてのマンション購入-段取り&体験記- TOPへ

 引渡し後、補修箇所があった場合アフターサービス基準に基づき修復してもらえます。
 アフターサービスには、修復の範囲・保証期間など定められた基準があり、売買契約書に記載してあります。

 住み始めてから気づいた不具合などを「アフターサービス規準」に基づき、修繕してくれるというものです。

 「アフターサービス規準」は、工事種目、箇所、部位、状態、サービス期間(1年、2年、5年・・・ 10年)など細かく分けられております。

 点検期間も決まっており、入居半年、1年・・・といったタイミングで、不良箇所がないかヒアリング文書が届きます。

 自己の管理上の不注意、過失による損傷に関しては、対象外となります。

 ブルボンの場合、フローリング床がきしむので申告しましたが、木なので湿度で多少なるものです。・・とのことでした。予想してた回答なのでまぁそうだろうなといったところです。
 そのほかには、内覧会で厳しく見たからか特に指摘はなし。
スポンサーサイト


>> 気になる住宅ランキング!!

>>新婚パパの初めてのマンション購入-段取り&体験記- TOPへ

 マンションの管理や使用に関する事項等について、区分所有者の共同の利益増進、良好な住環境を確保することを目的として管理規約が定められます。
 入居説明会の時に配布された「管理規約集」によると、区分所有者(原則として住人)はマンション管理組合の組合員ということになり、管理費、修繕積立金、共有部分等に関わる使用料を管理組合に納めたり、組合員の中から役員を選出したりなどの定められた業務を行います。

 ブルボンのマンションでは役員選出は駐車場の抽選会の場であわせて抽選を行いました。
 そして、入居して間もなく「管理組合設立総会の通知」がきました。任期は1年で、その後は公平にもちまわりで役員がまわってくる事となります。最初は、決め事が沢山あるので大変です。

 
第1回総会(管理組合設立総会)はこんな感じです。
近所の小学校で行いました。

1.開会の辞 (管理会社の方が挨拶)
2.議長選出 (事前に理事になった方)
3.出席者確認
  →組合員総数(総住戸数)の4分の3の議決権で決することができます。不参加の方は委任状を提出することになっています。
4.議題
  →管理組合役員選出承認の件
5.その他意見交換  
  →既にいろいろ不満があるようで意見がとまりませんでした。
6.閉会の辞


後日、議事録が届きました・・2ヶ月ほどたってましたが^^;


>> 気になる住宅ランキング!!

>>新婚パパの初めてのマンション購入-段取り&体験記- TOPへ

 住宅ローンを利用して住宅を新築(購入)した場合、一定の要件にあてはまれば最長10年間にわたり所得税から借り入れ額の1%(もしくは0.5%)分が控除され、マルマル戻ってきます。
 ちなみに、医療費控除などは「所得控除」であり、マルマルは戻ってきません。かかったお金を所得から差し引いて、残りの所得に対して税率をかける方式です。

 例えば3000万円借り入れがあった場合、30万円が所得税から控除されます。このとき収めた所得税が30万以上なら30万戻ってきますが、収めた所得税以上は戻ってきません。つまり、所得税が20万の場合は20万までしか戻りません。

 給与所得者(サラリーマン・OL)は初年度に確定申告すれば、2年めからは税務署から送付される「給与所得者の住宅取得等特別控除申告書」と金融機関から送られてくる「年末調整のための住宅取得等特別控除証明書」を会社の年末調整の際に提出すれば還付をうけることができます。

<確定申告>
所得税の課税対象は毎年1/1~12/31までの1年間に生じた所得のことをいい、その所得について
確定した金額を計算・税額を算出し翌年2/16~3/15の間に申告することを確定申告といいます。

住宅ローン控除の詳細はこちらをご覧ください。

 住宅ローン控除は段階的に廃止されており、平成20年12月31日にて終了予定です。


>> 気になる住宅ランキング!!

>>新婚パパの初めてのマンション購入-段取り&体験記- TOPへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。